昼食を食べる園児
昼食を食べる園児

食育

乳幼児期の食習慣は、健康な体づくりの基本です。
バランスの取れた食事をおいしく食べる習慣が身につくように、さまざまな取り組みをしています。

安心・安全へのこだわり

昼食もおやつも、全て国内産の食材を使用し、園内の厨房で調理しています。
園内のキッチン

季節の果物

新鮮なビタミンを摂取し、自然な甘さを楽しんでもらうために、給食には旬の果物を必ず付けています。(びわ、アメリカンチェリー、シャインマスカット、パイナップルなど)
季節の果物

顔の見える関係

食事はすべて園内の厨房で専属の栄養士と調理師が作ります。食事の作り手と、作ってもらう人が愛情でつながり「この子たちにおいしいものを食べさせたい」「調理の先生、おいしい給食を作ってくれてありがとう」という関係があることが大切だと考えています。
調理師の先生と園児

食器のこだわり

食器も大切な「食」の一部です。当園では、真っ白な磁器を使用しています。ホンモノの食器で食事をとることで、美味しさを味わい、食器のあつかいが自然と身につきます。プラスチックの食器のように有害物質が溶出するおそれもなく、安全です。
磁器の食器で給食

「つくる」体験もします

食事とは食べることだけではなく、材料を育て、調理することも重要な過程です。当園では園児も菜園での野菜栽培や、簡単な調理に参加することで、総合的に食の知識を深めます。
磁器の食器で給食

菜園で自然に触れる

園に隣接した菜園「つぼみ畑」で苺やさつまいもなどを栽培しています。苗を植え、育て、収穫する一連の流れを経験することができます。
菜園で作業する子ども達

季節ごとの行事食

お花見弁当お花見弁当
こどもの日こどもの日
梅ジュースみんなで作った梅ジュース
七夕七夕
土用の丑の日、うなぎ土用の丑の日:うなぎ
ハロウィンハロウィン
クリスマスクリスマス
節分、手巻き寿司節分:手巻き寿司
お別れ会、つぼみっ子ランチお別れ会:つぼみっ子ランチ